2010年02月18日

ビジョナリーカンパニー

ビジョナリーカンパニーというロングセラーとなっているビジネス書がある。

本書に登場するビジョナリーカンパニーは、平均設立年が1897年である。事業承継に成功している企業であるといえよう。

経営者が承継しているという以上に、事業が承継するというのが考え方の原点だ。

栄枯盛衰がはげしいビジネス界で生き残り、勝ち残るためには、基本理念の維持などが重要だとしている。

経営者が変わろうと、環境が変わろうと、基本理念を一貫して継続しているかどうか、ということだ。

方針が、組織の隅々まで浸透し、ビジョナリーカンパニーの社員としての行動規範が示されていること、そして、その方向にしたがっているということ、継続的な地道な活動が鍵を握る。

サステナビリティは、企業の持続可能性の視点で、欠かすことができない枠組みである。

businessimage.jpg
posted by 事業承継 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。