2011年07月24日

積立金運用のリスク

前回に引き続き、企業年金について、今度は、報道でも話題になっている運用リスクについて解説します。

運用目標に見合う期待リターンを決めアセット・アロケーションを選択することは同時にリスクについても選択していることになります。

その場合リスクはどのような考え方でポートフォリオ運用の中に入ってくるのでしょうか。


基本ポートフォリオは国内債券を67%組み込んでおり、相当リスクを抑えたものとなっており、一方で、企業年金ではリスクの高い株式のウエイトを上げて高いリターンを目指しています。

企業年金の場合は積立方式であるため、本来、積立金運用のリスクは積立金保有者である加入者です。しかし松下、NTTなど年金の減額訴訟で問題となったのは積立金の状態というよりもむしろ企業の収益状態が年金を十分支える力があるかどうかでした。


つまり母体企業がしっかりしてさえいれば年金参加者にとって企業がどのようなリスクをとって運用しているかは大きな関心事とならないのです。

こう考えてくると企業年金における運用リスクは企業がそのリスクに対してどういう対応をするかにより決まります。

企業の運用リスクへの対応はおそらく2通りのタイプがあります。

1つは、そもそも企業はリスクテイクをする組織なのだからその一環として年金運用のリスクを取っていけばよいとするタイプであり、本業のリスクとのリスク分散をも考える場合もあります。たとえ安全第一で運用したとしても予定利率を下回る部分は企業負担になるということから、高いリスクテイクのポートフォリオを受け入れることはあり得ます。

もう1つの企業の対応としては、本業以外の株価変動のリスクが本業に持ち込まれて企業の財務諸表に反映されることは株主への説明がつかないとして安全運用を目指すタイプです。

事業承継にあたっては、こういう運用リスクについての配慮が重要なポイントになります。

risk.jpg
posted by 事業承継 at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。